2015年01月29日

GTX970 メモリ不具合 NVIDIAは改善に向けてドライバを開発中。



さすがのNvidiaもユーザーの怒りにはかなわないようだ。




”GTX970のメモリーには大きな欠陥がある”





 そしてついにNVIDIAも公式にこの騒動の内容を認めた。GTX970にはメモリーの割り当てに関して潜在的な問題があるというのだ。

 しかもそれだけではない、GTX970の実際のスペックは当初公表されているものよりも低いことが明らかになった。GTX970の発売から5ヶ月後の出来事である。








Nvidiaはドライバを開発中。 しかし一筋縄ではいかない可能性が。



 Nvidiaは炎上するユーザーの怒りにあてられながらも、GTX970の情報に関して手違いがあったことを認め、そしてメモリーの割り当てを改善するドライバーを公開することを約束した。

 Nvidia社員であるピーターソンがGeforceフォーラムでこの問題に対する見解を述べた。




コメント♯1:
 ユーザーの多くが動揺する気持ちはわかっています。我々は、レビュアーキットの結果に関していくつかの手違いがあり、メモリーアーキに関しても十分な説明をしてこなかった。みなさんが購入を決定する際に製品のレビューを頼りにしていることは理解しているし、みなさんを失望させてしまった。



 とても悔やんでいる。本当に私達自慢のカードだったから。GTX970はすばらしいカードだ。みなさんが購入できるものの中では最高のカードだと信じている。

 私たちは、ドライバーのアップデートに取り組んでいる最中だ。さらにパフォーマンスを改善するべく、メモリーの割り当てをチューニングしている。



 とは言え、今回の件でGTX970に対する関心を失った人がいることは理解している。GTX970を手放したいのであれば、返品してお金を返してもらうか交換を申し出るべきだし、もしそれでも問題があるなら、私に知らせてほしい。最善を尽くします。


-ピーター





コメント♯2:
 実際のところ、わからないところはあります。、単純な原因による簡単な問題ではないので。カードのメモリーはフレームバッファだけでなく、多くのドライバーの情報もまた読み込まれています。考え得る情報の多くが予備の0.5GBのスペースにつかえているのではと見ている。


コメント♯3
 GTX970が4GBのメモリーを積んでいるのは事実であり、そのすべてにアクセスできるようになっています。そしてGTX970をより一層高速にするべく、ドライバー側の情報の割り当てを改善する方法を模索しているところです。しかしそれもユーザー個々の状況によっては解決しないかもしれない。 あなたが本当に返品したくてもそれを断られたのであれば、知らせてください、最善を尽くします。











アップデートでもなお不具合が改善しない可能性が示唆されており、その道のりは困難を極めそうだ。














posted by 日々さか@海外 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Nvidia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413172778

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。