2015年02月17日

デスクトップ向けSkylake-Sが8月に延期か?Intelがマザーボードメーカーに伝える。


Skylake-IDF2014.jpg 


 Digitimeによると、Intelは、Skylakeのデスクトップ向けCPUと対応チップセットの登場が8月末までずれ込むことをマザーボードメーカーに通知したようだ。
 本来のスケジュールでは2015年の第二四半期に登場する予定であった。台湾のマザーボードメーカーからの情報である。


 さらにこの延期は、Haswellリフレッシュ(Haswell-E?)やBroadwell-U搭載製品の出荷にも影響する可能性があり、TDP65W仕様のBroadwellの開発も遅らせるかもしれない。ソースは強調している。

 PCメーカーによるSkylake搭載製品の発表は、6月のComputexにおいても行われないと見られている。これにより、2015年後半のPCセールスにも影響が出るだろうとマザーボードメーカーは言う。

 またソースは、今回の延期をSkylakeとBroadwllの発売が重なるのを避けるのが狙いだと見ているようだ。






 時を同じくしてVR-ZONEが、Skylake-Sの登場が8月15日になると伝えています。
 このニュースはその裏付けにもなりそうです。


posted by 日々さか@海外 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Intel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414229945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。