2015年02月27日

Intel HDグラフィックスがスマホに? Imagination株の売却をIntelが検討か。





 JPモルガンによると、Intelは保有していた英イマジネーション株の売却を検討しているとのことだ。

 その総数は1340万株(イマジネーション全体の4.9%)となり、もし成立した場合、IntelはImagination株のシェアすべてを放出したことになる。







モバイルグラフィックスのリーディングカンパニー


 イマジネーション社は、PowerVRのグラフィックスチップ製品などを開発しており、とりわけモバイル向けグラフィックスではリーディングカンパニー的な存在だ。

 同社のチップはアップルの携帯端末やゲーム機にも使用されており、最近のAppleのA8チップにも採用され高いグラフィックス性能を有していた。





IntelとImaginationの関係。


 Intelがイマジネーションに最初に投資したのは2006年の8月のことだ。その目的は同社が持つPowerVR関連のIPである。

 しかし、昨年には保有する株の10%を売却しており、徐々にその関係性が揺らいでいた。イマジネーションがMIPSテクノロジーを買収したことで、Intelと潜在的に競合する形になったことも影響したと考えられている。





モバイルでも存在感を強めるIntel


 イマジネーションは依然としてモバイルチップの主導的な存在だ。現にIntelのモバイルチップもPowerVRとの混合で採用されることが多い。Atomチップを搭載するスマートフォンもそのGPUにPowerVRを採用している。

 しかしIntel自前のGPUを内臓するチップも近年は数を増やしており、モバイル方面での存在感を日に日に強めている。



 ガーディアン紙のアナリストは、”避けられ得なかった出来事”と評価しており、グラフィック方面でのインテルとイマジネーションとの関係は薄まりそうである。

 イマジネーションとのライセンス契約は2015年の前半まで残っているとのことだが、今回の件はIntelが自社の内臓GPUにさらなる展望を見出した証拠かもしれない。








 ついに、Intel HDがモバイルを支配する日が来ちゃう!?
 自社グラフィックスに自信を深めるIntel! か?


 まあ予測の域は出ませんが、PowerVRの代わりにTegraを載せるってセンもあるかもしれません。
 モバイルをIntel+Nvidiaが席巻!どっかで見た光景ですね。


 ひょっとしたらSamsungGPUと組んだり、なんてのも。



 AMDとは、どっちがスマホに先に乗るかの競争かな。











posted by 日々さか@海外 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Intel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414774264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。