2015年03月01日

R9 390Xが来週のGDCに来る?
ゲーム開発者「R9 390X楽しみだなー」


AMD-Radeon-R9-390X.jpg



 様々な噂が飛び交うRadeon R9 390X。

 その登場が間近に迫っていることを予感させるが、早ければGDCでお目見えになるかもしれない。




AMDの連中がGDCに来るってんなら、みんながやるR9 390Xのストレステストに参加したいよ。なにができるか見てみたい。


それって一つ?


二つだよ、Crossfireで何ができるようになるかお見せするよ。あとMGPUも明らかになるよ!


 R9 390Xに期待を寄せているのは、ユーザーだけでなくデベロッパーも同様だ。


 上記のツイートは、ゲーム開発者であるジェイミン・ケスラーとダン・ベイカーらによるものなのだが、興味深いのはダン・ベイカーがOxide GamesやStar dockと関係がある人物だということだろう。

 そのことが何故問題となるのか?理由はこの二つの企業が次世代RADEONの開発やテストに関わっている可能性があるからだ。

 先週、StardockのCEOであるブラッド・ワーデル氏が、デュアルグラフィックスでDX12テストを行ったことをツイートしているのだが、なんとそのGPUは未発売のAMDビデオカードであったというのだ。


 そしてOxidegamesとStardockと言えば、同社らが開発したNitriousEngineは早期からAMDのMantleをサポートしていた。StarswarmデモはDX12などの次世代APIの代表的なテストツールでもある。



 当然、このようなツイートがGDCにR9 390Xが来るという確証にはならないのだが・・・。しかし彼らが現に未発売のAMDビデオカードに携わっており、AMDとの関わりも考えると興味を引く話であるのは確かだ。




 ブラッド・ワーデル氏はGDCで何か重大な発表がある可能性も示唆している。これらの真偽がどうなるのか、それはGDCの結果次第だが、それは来週にまで迫っている。





ソース:WCCF


posted by 日々さか@海外 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | AMD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。