2015年03月05日

R9 390Xの存在をGDC2015で確認? 次世代RADEONフラグシップでOculus Riftデモを実演


radeon.PNG



 Nvidiaフラグシップが一足先に公開となったが、その陰でライバルはすでにお勤めを開始していたようだ。


 Tom’s Hardmwareによると、GDC2015でのShowdownのデモは次世代RADEONフラグシップによって行われていたというのだ。



Tom’s Hardwareのレポート:

 Oculus Rift Crescent Bayを使用したShowdownのデモを体験したが、

 その実演は公開前のRadeon R9フラグシップのウルトラエンスージアスト製品で行われたものであった。


 これらの事実は、その信憑性については、公式に私に伝えられたものであるということだ。AMDよりオンレコとしてね。


 ただし、製品名に関しては言及されなかった。



 ちなみにそのRadeonフラグシップによるShowdownのHMDデモは、一言でいうと素晴らしいものであったとのこと。

 頭の動きのトラッキングは遅延もほとんど感じられず、グラフィックはテクスチャもエフェクトもリッチで、非常に没入間の高いものであったと記者は感想を述べている。




AMDの副社長も記事をリツイート。





 まあそういうことなんでしょうね・・・。








ラベル:AMD RADEON GPU
posted by 日々さか@海外 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | AMD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。