2015年03月06日

AMDがZENのサーバー投入を推進。Carrizoと新GPUは6月?


追記:
AMDのDevinder Kumarは、グラフィックスの新製品に関しては2015年の後半になることを示唆したようです。



 2016年登場予定のAMD次世代CPUである”ZEN”。


 消費者の期待とは裏腹に、AMDは現在サーバー市場への投入を目指していることをモルガン・スタンレー主催のカンファレンスで明らかにした。



ZENの投入でサーバー市場での復活を図る。



 AMDシニアバイスプレジデント&CFOであるDevinder Kumar氏は以下のように答えた。


”私たちは、ZENベースの製品を2016年に投入するべく、サーバービジネスの顧客と精力的に動いている。”





 かつてはOpteronで大きな成果を収めたAMDだが、サーバー市場における現在のシェアはわずか2〜3%程度となっている。

 その巻き返しは進んでおらず、製品のアップデートも滞っている。現行のサーバー製品”Warsaw"は、旧Piledriverベースの12-16コアモデルで、ライバルのHaswellによって窮地に追いやられた。


 そんな中、AMDのチップデザイナーは新たなZENマイクロアーキテクチャーに望みをかけているようだ。


”私たちはその歴史からサーバービジネスを早くから知っている。Opteronを振り返れば、私達はx86を理解しているし、64bitをわかっている。”

”そして、ZENコアが2016年にやって来る。新たなコアは従来のx86系サーバー分野のために、そして以後の収益として。” Kumar氏は述べた。


”もっとも私達がそれを見るまでには、まだ少し時間を要する。しかしその時、私達はコアとなる部分を手にすることになるだろう。”



AMDの新製品が6月に一挙に投入される?


 ZENがサーバー向けに注力されているという話は、以前からそれとなく出ており、

 先月もWCCFが業界筋の情報として”サーバーが先でデスクトップは後回し”なんて話を伝えています



 ただ、少し気になるのが、WCCFのリークには、2015年の新製品のスケジュールなども含まれているという点。




 それは主に6月にAMDが新製品を投入するというもので、


 ”Godavari”投入は、6月あたりをAMDは考えている。”

 ”Carrizoのモバイル版が同時期に出る。”

 ”Carrizoがデスクトップ向けとして出る可能性はまだ残っている。”




 ZENとは話が逸れるけども、6月にAMDが何かを出す可能性が高くなってきた?

 今回の件がこれらの裏付けになると考えるのはさすがに乱暴か


 またAMDが新GPUの展開を2015年の2Qに予定していること。さらに最新のリークなども6月に大きな動きがあるという点では一致しています。




追記;モルガン・スタンレーカンファでのAMDのDevinder Kumarのコメント

”私達は、新しいグラフィックス製品のローンチを持って2015年の後半に突入できると確信している。AMDの立場からすると小さくなったマーケットシェアを我々は取り戻せるだろう。”


やっぱ6月以降がカギかぁ・・・?


ソース:Kitguru、WCCF、Seeking Alpha

posted by 日々さか@海外 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | AMD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。