2015年03月08日

R9 390Xを延期した理由。AMD「リネームはやめる。新規で行くよ。」




 GDCでは未発表に終わり不完全燃焼となったR9 390X。


 一方、Kitguruのレポートによると、R9 300シリーズは、リネーム製品を多く含んだR 200系と異なり、全体的に新しいラインナップになるのだと言う。


 そしてこのことがGDCでR9 390Xが発表されなかったことと関連性があるかもしれないのだ。





 (前回の記事と同じソースなんですが、訳にミスがあったため、訂正も兼ねて書きます。)




R9 390Xは三月に登場するはずだった。


 R9 300シリーズの登場時期は、3月のCeBITショーより後のComputexが開催される6月あたりになる。これがAMDのロードマップによって知らされていた本来のプランである。

 そしてAMDは三月に新規のカードを1つもしくは2つ投入し、それから既存のリブランド製品を展開するつもりでいた。多くのユーザーもそのように考えていただろう。


 しかし、これはもはや過去の計画であるとKitguruは伝えている。




新製品を投入できない理由。それは在庫調整。


 極東からのソースによれば、AMDはCeBITトレードショー(3月16~20日)に完全新規のR9 300カードを少なくとも1つ投入できればと強く考えていたようだ。

 しかしAMDは3月にハイエンドクラスのR9 300シリーズを公開することを取りやめたのだという。


 AMDは今年の前半をスタートするにあたって、2つの大きな課題に直面していた。

 シェアを取り戻すということがまず一つだが、それと同様に流通チャネルを圧迫していた在庫が大きな問題となっており、これも同時に処理しなければならない。

 新規製品を投入しなければ、AMDのセールスとシェアは縮小する。しかし、新しいブランドを展開すれば、流通に留まっている旧製品の売れ行きはさらに停滞する。価格にも悪影響を与え、新規製品の展開も却って困難になってしまう可能性も出てくる。



 先のソースによると、AMDが3月に公開をあきらめたのもそういった理由があり、他のR9シリーズの売れ行きに配慮したからなのだと言う。




延期する代わりに、リネームラインナップを見直し。

 ということで、AMDはR9 300シリーズを出そうと思えば今すぐにも出せるし、丁度GTX970が問題を起こしているし、在庫の問題を考慮してもなおR9 390Xを投入するメリットがあるはずだ。

 それにも関わらず投入に踏み切らないのは、また別の要因が重なっているためだと思われる。


 ソースによると、AMDはR9 300シリーズの投入を6月初旬のComputexに絞っているのだが、AMDのシニアマネージャーとエンジニアたちは、”フルラインナップ”を望んでいる模様で、1つだけが新コアで残りはリブランド品といったラインナップではなく、AMDはR9 300シリーズ全体を新しくしてロールアウトするつもりでいるようである。

 詳細は不明だが、いくつかの完全新規のグラフィックスソリューションの登場が期待される一方で、一部はリブランドが投入されるといった感じになりそうだ。




 このレポートに対するAMDのコメントはないが、AMDは新しいGPU投入が早期に起こることはなくなった可能性をモルガンスタンレーカンファレンスで示唆している。



”私達は、新しいグラフィックス製品のローンチを持って2015年の後半に突入できると確信している。AMDの立場からすると小さくなったマーケットシェアを我々は取り戻せるだろう。”









 ホントかな・・・? 参考程度でお願いします。


 ただすべての記述が眉唾というわけでもなく、

 例えば在庫の記述に関してなんかがそうなんですが、Q4に積極的な在庫調整を行ったことをAMDも認めており、Devinder Kumarは最近のカンファで今年のQ1でもまだ調整が続いていたといった感じの発言を残しています(もっともそれがR9 390Xが出ない直接的な理由かどうかは不明。)

  いずれにしろ、GDCに次世代RADEON持ち込んでるのに発表しないのは何らかの理由があるんだろうとは思います。




原文:Kitguru、AMD発言ソース:Seeking Alpha

posted by 日々さか@海外 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | AMD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。