2015年03月13日

"KB3033929"を適用すると再起動ループに陥るらしい 3月のWindows Update


 追記:"KB3033929"が他の更新プログラム(KB3035131)とバイナリを共有しているために、インストールを手動で行っていると、トラブルの原因になる可能性があるようです。

  詳細はこちらをご覧ください。



 今週火曜、大規模なWindows Updateが実施されたが、更新プログラムの内の"KB3033929"を適用すると、再起動を繰り返す不具合に陥ることが一部のWindows 7ユーザーから報告されている。




 KB3033929は、昨年10月15日にリリースされたKB2949927の置き換え修正版。KB2949927での不具合を解消し、Windows7とWindows Server 2008R2のパフォーマンスを向上することを目的としていた。

 複数のヘルプフォーラムでは、問題の解消方法を求める要望で溢れ始めているようだ。しかし現時点では、有効な解決方法は提示されていない。


 問題となったアップデートは、セキュリティの脆弱性に関する告知は行われていない。まだインストールを行っていない方は、マイクロソフトが対応を明らかにするまでは、とりあえず更新を見合わせた方が良いだろう。





ソース:Krebs on security
posted by 日々さか@海外 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。